ビジネスモデルと導入メリット

■購買業務の課題【OffSide】が解決します!
インターネット購買サービス『OffSide(ASP)』をご利用いただくと、利用料をご負担いただく以上の効果として、購買業務の8割を占める消耗品購買業務自体をアウトソーシングすることが可能です。

ビジネスモデル

OffSideは、"購入対象品をどのサプライヤ様からいくらで買うか" をバイヤ様御自身で決定するビジネスモデルです。
OffSide導入にあたり、現在のお取引をそのままOffSideにのせて即運用開始が可能です。
その後、購買実績データに基づく購買業務分析サポートをトライアンフ21が実施し、今後の購買戦略に役立てて頂きます。
正に "どこ" から "いくら" で買うかはお客様自身にて決定する仕組みです。

メリット1 ASPによるコスト削減

インターネットを介してサービスをご提供するASP方式のため、初期導入費用は一切無料です。
カタログ管理費用やサプライヤー管理費用をご負担いただく必要はございません。
費用は、取引額に対する利用料率課金のみという大変シンプルな仕組み。
『OffSide』を導入することで、購買フローにかかっている人件費や購買システム運用にかかる費用など、コスト削減が実現できます。
また、最適サプライヤー登用による単価低減も可能です。

ASP利用イメージ図

メリット2 時間短縮と内部統制強化、コンプライアンス対応

商品リストを電子カタログによりご提供することでペーパーレス化を実現。検索がスムーズに行え、検索時間が大幅に短縮できます。
通知・確認機能搭載で、上長承認や購買部フローなどの承認業務も迅速化。購入依頼商品の手配状況は、リアルタイムで把握可能です。
また、J-SOX法の施行に伴い重要な課題となっている内部統制強化、コンプライアンス対応もサポート。お客様それぞれの事情に適合した購買決裁ワークフロー、承認ルートを設定でき、購買実績データも必要なときにいつでもダウンロード可能。発注・検収体制の確立と責任の明確化が実現できます。
さらに、見積引合い機能を備えているので、商品選定やサプライヤー選定の最適化も図れます。

購買部フローイメージ図

メリット3 業務改善、複数発注先の煩雑な管理を解消

購買代行により、納期や商品管理など、サプライヤー管理業務を軽減します。
請求・支払いもトライアンフ21が一括対応。煩雑になりがちな、数多くの発注書・納品書・請求書の管理業務を解消します。また、会計システムへのデータ連携により、経理業務の軽減も図れます。

窓口一本化イメージ図

機能について知りたい方はこちら